野球肘

野球の投手に多く発生する肘の使い過ぎが原因のスポーツ障害。
障害の部位としては、肘の内側、肘の外側、肘の後方。
投球時の痛みが主な症状である。
肘の内側に痛みが出る場合は、内側側副靭帯損傷、上腕骨内側上顆炎が多い。
肘の外側に痛みが出る場合は、離断性骨軟骨炎が多い。
肘の後方に痛みが出る場合は、肘頭骨端炎が多い。
好発年齢は10歳~16歳で、この年齢の少年期では離断性骨軟骨炎が多く、肘の外側に痛みが出やすい。

成年期では内側側副靭帯損傷が多く、肘の内側に痛みが出やすい。

野球肘は他のスポーツによっても引き起こされ、テニス、ゴルフ、やり投げ等の競技選手にもみられる障害。

受付時間  9:00~12:00

     15:00~19:30

定休日 土曜の午後・日・祝

予約制ではありません。

時間内に直接お越しください。


〒663-8184

兵庫県西宮市鳴尾町5-4-19

 

 えびす整骨院

 

0798-46-6234