テニス肘

前腕の筋肉を使い過ぎることによって引き起こされる障害。
痛む箇所は肘の外側部と内側部で、正式には外側部の痛みを上腕骨外側上顆炎、内側部の痛みを上腕骨内側上顆炎と言う。
テニスをする人によくみられることからテニス肘と呼ばれるが、日常生活の動作が原因でもよく起こる。PCのキーボード・マウスの操作、掃除や料理の家事など。

腕を毎日長時間使い続けることで筋肉や腱に疲労がたまり、炎症が起き、運動痛が生じる。日常生活の動作が原因で起こるテニス肘は、30代~50代の女性に多い。

テニスをすることによって起こるテニス肘は、ラケットでボールを捉えた時に受ける衝撃ダメージが蓄積され、筋肉に微小断裂が生じ、痛みが現れる。