すべり症

腰椎が前方にすべることによって、腰痛や下肢にシビレや間欠性跛行などが出る疾患。
(間欠性跛行…しばらく歩くと足に痛みやしびれを生じ、少し休むとまた歩けるようになる症状のこと)
代表的な分類では、分離すべり症と変性すべり症があげられる。

分離すべり症イラスト
分離すべり症

分離すべり症は、腰椎の後方に位置する椎弓と呼ばれる部分の骨の連続性が断たれ、椎体が前にすべり出た状態を指す。腰椎分離症の後に、分離すべり症が起こる。腰椎の5番目に起こることが多く、すべりが大きい場合は、腰部を後ろからみるとくぼみを容易に確認できるほどになる。

変性すべり症イラスト
変性すべり症

変性すべり症は、椎弓部分の骨折がなく、椎体が前にすべった状態を指す。
腰椎の4番目に起こることが多く、椎間板の変性や、椎間関節の角度に問題があり椎体がすべると考えられている。
また、女性に多い疾患であることから、女性ホルモンが関与しているとも言われる。